内観

紀平梨花選手GPファイナル優勝インタビュー!感情コントロールの話

女子フィギュアの紀平梨花選手(16歳!)が、バンクーバーで行われたグランプリファイナルで、初出場初優勝の快挙を成し遂げました!

そのときのキーワードが、
 
「感情のコントロール」。
 
日々のイライラを解消するヒントが満載でしたので、僕なりに考察してみました!

紀平梨花選手GPファイナル優勝インタビュー

まずは、紀平選手の優勝インタビューでのやり取りをみてみましょう。

==============================

Q.なぜ短い期間で成長できたのか?自身でどのような原因があると思うか?

A.試合を重ねてきて、試合への気持ちのコントロールとかが、いつも自分はどうしたらできるようになるのか迷っていた感じだったので、それがやっと、気持ちの持っていき方というのが固まってきて、それが試合で出せるようになってきたのが一番の原因で、いつも試合で緊張した方がいいのか、しない方がいいのか、そういうところも全然わかっていなかったんですけど、自分の気持ちをわかるようになってきて、そこのコントロールがついたのが、安定した理由かなと思います。

Q.フリーの修正能力が素晴らしかったが、その修正能力はどこからきている?

A.いつも練習のときからリカバリーの練習はしていて、トリプルアクセルが決まらなかった場合は、ダブルアクセル、3トウループにしたりしていたんですけど、今回はファイナルだったので、挑戦にかけてトリプルアクセルにしました。練習のときからやっていたので、試合にも出せたのかなと思います。

==============================

ここまで。

うん、とても16歳の発言とは思えないですね・・・。

この紀平選手の言葉の意味を、僕なりの言葉でかみ砕いていこうと思います。

紀平梨花選手から学ぶ感情のコントロール

先ほどのインタビューで、最初の質問の回答を要約すると、

自分の気持ちがわからなかった。だけど、自分の気持ちがわかるようになり、(試合の場面でも)自分の気持ちをコントロールできるようになった

ということ。

そして、2つ目の質問の回答は、

練習のときから事前準備をしていたから、本番でもできた

ということ。

何が言いたいのかというと、

自分の感情はほぼコントロールできるし、

それはやり方(スキル)を知って、身につければ、誰でもできる

ということなんですね。
(だって、16歳の紀平選手だって、そういうことを言っているんです)
 
感情は目に見えないから、人は無意識のうちに感情に支配されがちで、仕事でイライラしたり、子育てでイライラしたり、パートナーにイライラしたり、本心はそんな感情になりたくないのに、そうなっちゃったりします

そして、感情が乱れているその状態が、また次の事故を引き起こしてしまうわけです。

現に、僕も、2017年から2018年にかけて強烈に感情を揺さぶられる体験がありましたし、当時はイライラしまくっていたし、他人を責めてしまうこともありました。

だけど、感情のコントロールの方法を知るだけで、見える世界がガラッと変わった

感情のコントロールの方法を知った、理解した、実践できるようになったからこそ、16歳と、僕より19歳も若いけれど、紀平選手の言っていることが、本当の意味でわかるようになりました。

世の中、知らないことだらけだな~って思います。
だからこそ、楽しかったり、面白かったりもするんだと思う。

でも、一方で、日々イライラせずに、満たされた状態で過ごしたいな~、とも本音で思うなぁって。

紀平選手の優勝インタビューのニュースを思い出して、はっ💡と感じたことを言語化してみました^ ^
 
もし、日常でイライラな感情に悩まされていることがあれば、感情をコントロールする技術を試してみることをオススメします!

☑ 自分の感情はほぼコントロールできる
☑ やり方(スキル)を知って、身につければ、誰でもできる
☑ 日常のイライラが減って、見える世界がガラッと変わる

ブログランキングに参加しております。
この記事が役に立った・良かった、と思う方は、
↓↓↓応援クリックをよろしくお願いいたします↓↓↓


ブログランキング・にほんブログ村へ